ソニーの『wena 3』がIoTプラットフォーム「Riiiver」に対応、シチズンから『wena 3』搭載モデルを発売

 

ソニーのスマートウォッチ『wena 3(ウェナ スリー)』は、シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市/社長:佐藤 敏彦、以下シチズン)の様々なデバイスを起点にヒト・モノ・コトを繋げるIoTプラットフォーム「Riiiver(リィイバー)に、2021年夏頃(※1)対応します。また、バックル部に『wena 3』を搭載した『CITIZEN COLLECTION wena 3搭載モデル』が、7月1日(木)よりシチズンから発売されます。

f:id:wenablog:20210615131314p:plain 

 

■『wena 3』、IoTプラットフォーム「Riiiver」に対応

『wena 3』と「Riiiverが連携することで、スマートリモコン「Nature Remo(ネイチャーリモ)」等の「Riiiverが連携済みのIoTサービスを『wena 3』でも、2021年夏頃(※1)よりご利用いただけるようになります。

<使用例>

・『wena 3』のホームアイコンをタップして家電を操作(Nature Remo)

・『wena 3』の本体ボタンを2回押して、スマートロックを解錠(SESAME)

・『wena 3』の本体ボタンを長押しして、メール定型文を送信

 

<wena 3のRiiiver対応について>

http://wena.jp/lp/wena_3/riiiver/index.html

 

(※1)2021年夏頃に予定している『wena 3』アプリのアップデート後、ご利用可能となります。

 

 

■シチズンより『CITIZEN COLLECTION wena 3搭載モデル』を発売

「アナログ×テクノロジー」をデザインテーマに、バックル部に『wena 3』を搭載した6モデル【希望小売価格66,000円~93,500円(税抜価格60,000~85,000円)】が、7月1日(木)からシチズンより発売されます。『wena 3』に対応する新開発のバンドは、快適な着用感と、腕時計としての完成度にこだわっています。

 

f:id:wenablog:20210615132738p:plain

 

f:id:wenablog:20210615132406p:plain

 

f:id:wenablog:20210615132452p:plain

 

 

 ■シチズンより、「アテッサ」と『wena 3』の店頭での取付サービスを開始

シチズンの「アテッサ」のバンド部はそのままに、自然な形でバックル部のみ『wena 3』に交換できる専用パーツを用意しました。対象の「アテッサ」は合計110モデル(※2)で、シチズン店頭にてパーツ販売と取付サービスを実施します。対象の「アテッサ」と『wena 3』を同時にお買い上げのお客様はもちろん、『wena 3』をすでにお持ちで対象の「アテッサ」のみを購入されたいお客様、対象の「アテッサ」をお持ちで『wena 3』のみを購入されたいお客様にも対応いたします。

(※2) 2021年6月15日現在

 

パーツ価格(取付作業費含む): シルバー 3,300円(税抜価格3,000円) ブラック 3,520円(税抜価格3,200円)

素材:ステンレス

対応店舗:https://citizen.jp/shoplist/series/S003

  

f:id:wenablog:20210615134440p:plain

 

対象モデル:https://citizen.jp/product/wena/lineup.pdf

 

<シチズン製品についてのお問い合わせ先(お客様向け)>

シチズンお客様時計相談室  

フリーダイヤル 0120-78-4807  (受付時間 9:30~17:30 祝日除く月~金)